2016年04月29日

冬の写真

 去年の12月から今年の3月にとった写真です。レンズはロシアンのJupiter8 50mm F2。X-E1とシングルコートのJupiter8で優しく表現できたような気がします。オールドレンズで撮って写真までオールドな ?仕上がり ?


DSCF1469.jpg

DSCF1507.jpg

DSCF1952.jpg

DSCF2148.jpg

DSCF2156.jpg

DSCF2157.jpg
posted by 北海道フルーツトマト農家 at 12:35| Comment(0) | Jupiter8 50 / 2

2016年04月28日

飛燕草

 このJupiter9 85mm F2はなんと結婚した年に製造されたもので,オールドレンズといっても比較的新しい方のものだと思います。マルチコートだし。なかなか85mm、35mm換算で127mmというのは身近に撮りたーいと思うものがなく出番が少ないのですがこの描写は気に入ってます。これからもっと使っていきたいと思っています。ボケは奇麗ですよー。

DSCF2185.jpg

DSCF2570.jpg

DSCF2589.jpg

DSCF2597.jpg
posted by 北海道フルーツトマト農家 at 22:25| Comment(0) | Jupiter9 85 / 2

2016年04月26日

愛機

 いちばん新しく購入したレンズ、Flektogon 35mm F2.8です。このレンズのことは他のブログが詳しく書いているのでそちら,先輩方のサイトを検索してみてください。

DSCF2009p.jpg

 20mmのレンズで空を撮るときにちょっと広すぎるかなーと思っていて35mmを探していました。ノクトンclassic 35mm F1.4も真剣に考えたのですがメインが野外スナップになってきたので,あまり明るいレンズだと昼間の撮影にはかえって不利かな、と。また今は夜の街をフラフラ散歩しないのでそこまで明るくなくていいや、お高いし (^_^) フレクトゴンは最短距離が18cmと草や花の撮影のときに寄れるし、歪みも20mmに比べてなくてマッつぐに写ります。これから屋外は MIR-20M 20 / 3.5とFlektogon 35 / 2.8でokかな。

DSCF2003p.jpg

 このレンズには長男、次男、三男とありますが第一世代はシルバー,第二世代はゼブラ,第三世代はブラックです。最新型の第三世代はマルチコートになってF値も2.4になって人気も高いようです。私がeBayで買った個体は8410588という製造番号 ?で,次男のゼブラです。ゼブラのレンズは初めてですがミッドセンチュリーという感じがして好きですねえ。

 マウントはM42でなくてエグザクタ。X-E1で使うためのアダプターはいつもお世話になっているRAYQUAL製。中国製のアダプターもあるけどガタつきがヒドイとかハロやフレアがひどいという話も時々聞きます。

DSCF2002p.jpg

 Made in JAPANはやはりいいです。RAYQUALがいいですね。メールでもサポートしっかりしてくれるし。丁寧に作ればどんなモノでもそれなりの値段はするものです。自分が作っている野菜もそうです。

ちょとホメすぎたかも知れませんがまあ日本の確かなモノづくりを支援するには一つでも買うことが応援になると思うのでおユルシを m(_._)m




posted by 北海道フルーツトマト農家 at 22:02| Comment(0) | Flektogon 35 / 2.8